francois corporation logo
MENU

原料・添加物に関する Q&A

お客様から寄せられた疑問やご質問からお客様にお伝えしたい情報を Q&A でまとめました。

Q1   食品添加物の使用についての考え方を教えてください

食品添加物は、国により安全性などが確認され使用が認められているものが約830品目あります。
安全性があることを踏まえたうえで、フランソアでは一般的にお客様の関心が高いと考えられる食品添加物について協議を行い自社基準を設定し、シンプルな配合でおいしさをお届けできるよう必要な分だけを使用しています。

Q2   食品安全への取組みを教えてください

フランソアの工場では、食品安全マネジメントシステムの国際規格であるFSSC22000の認証を取得しています。
取得工場:長崎工場、佐世保工場、久留米工場、七城工場

Q3   なぜバターではなく、マーガリンを使うのですか?

バターは生乳から作られており、風味やコクがあるのが特徴です。
しかし、バター100%でパンを作るとバターは大変高価であることと、工場でパンを安定して作るには扱いにくい性質であることから、マーガリンを使用してパンを作っています。
マーガリンは植物油脂から作られており、ふっくらと柔らかく、風味よく安定しておいしくパンを製造できることから使用しています。

Q4   マーガリンにはトランス脂肪酸が多く含まれているのではないですか?

マーガリン中のトランス脂肪酸は各油脂メーカーの研究努力により低減されており、フランソアでは2007年から油脂メーカーと共同開発をした油脂(マーガリン)を使用しています。
トランス脂肪酸摂取については、低トランス脂肪酸自社基準を設定しています。
製品100g中トランス脂肪酸0.3g未満の商品には「低トランス脂肪酸」と表示しています。

Q5   イーストフードは使用していますか?

フランソア製造のパンでは、イーストフードの使用は控えています。
現在、不使用表示については、お客様へ安全ではないという誤認を与えてしまう可能性があることから、2019年パン工業会の方針に沿って表示を取りやめております。

Q6   保存料は使用していますか?

フランソアでは、国が定めている指定添加物の保存料は使用せずに、醸造酢など素材本来がもつ力を応用したり、製造工程・衛生環境を工夫しパンづくりを行っています。
現在、不使用表示については、お客様へ安全ではないという誤認を与えてしまう可能性があることから、消費者庁添加物不使用ガイドラインに沿って表示を順次取りやめております。

Q7   乳化剤を使用していますか?

フランソアでは国が定めている指定添加物の乳化剤の使用は控えておりますが、工場の生産ラインでは、乳化剤を使用せずに安定した品質のパンを作ることはとても難しいのが現状です。
スローブレッドやナチュレルシリーズなどで使用する乳化剤は、自然のままのおいしさを目指す理念から、定められている指定添加物は使用せず大豆由来のレシチンを選び使用しています。

Q8   食物繊維は何を使っているのですか?

ナチュレルシリーズや食パンで使用している食物繊維は、自然のままのおいしさをお届けしたい という想いから、植物由来の不溶性食物繊維・水溶性食物繊維の素材を選び使用しています。不溶性食物繊維:大豆由来「自家製生おからペースト」水溶性食物繊維:チコリ根由来「イヌリン」

Q9   天然酵母は何を使っているのですか?

スローブレッドシリーズでは「旨味・風味・くちどけ」を引き出す基本酵母と、「独特の旨味・食感」を作り出す補助酵母のふたつの自家製酵母種を丁寧に培養・発酵させて使用しています。
フランスのパンのような本物のおいしさを目指し、完成までに長い時間をかけて作られています。

Q10   小麦粉(国内製造)とはどういう意味ですか?

国内で製粉(小麦を粉砕して小麦粉を製造)されている、という意味です。

Q11   アレルギー表示について教えてください

フランソア製造商品においては、「食品表示法」で義務付けられている特定原材料7品目(乳、卵、小麦、そば、落花生、えび、かに)に、推奨表示品目となっている21品目(くるみ、アーモンド、あわび、イカ、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン)を加えた28品目すべてを表示しています。
お買い物の際には、商品パッケージの原材料表示をご参考にしてください。